招待客リスト・招待状の作成、時期に合わせて事前に決める、結婚準備スケジュール

キービジュアル
招待客リスト・招待状の作成

招待客リスト・招待状の作成

招待客リスト・招待状の作成

式場決定にも影響する招待客リスト

会場の広さや収容人数はもちろん、ゲストの顔ぶれによって、アクセスの便や設備の充実度、会場の雰囲気など、結婚式場選びのチェックポイントも変わってくる。お料理や引き出物選び、宿泊手配などの細かい準備にも全て関係するため、招待客リスト作成は後回しにせず早めに済ませて!

まずは招待ゲストをリストアップ

ふたりそれぞれでまずゲストをリストアップしてみよう。親族は、ふたりだけでは判断できないケースも多いので両親に相談、協力をお願いして。家族・親族、友人、会社関係者、知人など、グルーピングしてリストアップしておくと後の調整に便利。

優先順位とバランスを調整

リストアップしたら会場の収容人数や予算などを考慮しながら優先順位を決めて人数を調整していく。もうひとつ調整が必要なのは、両家のバランス。できれば新郎側と新婦側が同じぐらいずつの割合がベストだけど、あまり神経質にならなくても大丈夫。両家のバランスが大きく偏る場合は、両親の意向も確認して同意を得ておくと後のトラブルを回避できる。

席次を決める

リストが決まったら、席次を決めよう。両家のバランスに差がある場合、新郎側のゲストと新婦側のゲストの混合席も考えられる。親族同士が混合席になることは通常ないが、友人・知人なら混合席でもOK!居心地よく過ごせるよう相性などを考慮して決めて。

招待状作成時に気をつけたいポイント

「祝事には終止符を打たない」という意味で、招待状には句読点は使わないので注意。他にも、段落の行頭をあけない、「去る」、「切れる」など別れを連想する忌み言葉は使わない、繰り返しを意味する言葉「度々」や「重ね重ね」もNG、などのマナーがあるので気をつけて。招待状は、印刷前に誤字脱字、間違いがないかを念入りにダブルチェック!間違っても、氏名の漢字が違っていたり肩書きも入れる場合は間違っていたり抜けていたりしないよう、礼儀として細心の注意をはらって!

おすすめ記事ピックアップ
時期に合わせて事前に決める、結婚準備スケジュール
プロポーズされたそのときから、結婚式当日までの「準備すること」を紹介するサイト。半年前、3ヶ月前、1ヶ月前、1週間前、前日・当日まで、順を追って解説します!